FC2ブログ
    2017/02/04

    スーパー銭湯で会った純情な青年

    独身の頃、スーパー銭湯通いにハマった時期がありまして。
    気軽に行ける距離にスーパー銭湯がたくさんある地域に当時住んでいて、あちこち日替わりで楽しんでいました。

    露天やサウナで疲れを取る目的もありますが、まあゲイなので他人のチンポや体を観察するのが副次的な目的というかほぼ主目的というか…。

    公共の場なので派手なアクションは当然御法度なのですが、やっぱりお仲間さんは多くて、イケる人がいると目配せや湯の中での膝タッチ、サウナでのチンポちら見せなどで合図を送り合いました。相手もノッてくれると一緒に風呂を出て、車の中や少し暗めの公園でシコシコしたり、しゃぶり合ったり、時にそのままラブホでセックスまでいったり。お互いに顔も体もチンポも見た状態でGOサインを出しているので、話が早いです。

    そんなある日、夜0時近くあるスーパー銭湯で露天風呂に入ってウトウトしていました。特に俺の好みの男も、俺に興味がありそうな男もいなかったので、「そろそろ帰ろうかな~」と思っていたその時、なんだか膝のあたりにサワサワと感じるものが。「お、きたな?」と思いそっと目を開けると、さっきまでいなかった若くて超マッチョなさわやか短髪青年が隣に座っていてあらぬ方向を向いています。角ばった立派なあごとキリっとした目、おそらく20歳前後かと思われるスベスベでピチピチの肌、アメフトでもやってそうな、童顔に似合わないバキバキのマッチョな体。こっちの世界では相当モテそうなタイプでした。

    「ん? まさかこんな若くてかっこいいマッチョくんが俺にアプローチ仕掛けてくるはずないしな…勘違いか」

    そう思ってまた目を閉じていると、また膝にサワサワ…。目を開けると、やっぱりあのマッチョ青年くんがいて、視線は合わせてくれないんですが、チラッチラッとこっちを見ていました。「へぇ~、こんなモテそうな子が俺に手を出すなんて、年上好きの変わった趣味の子かなw」とこちらも軽く膝をタッチしたりしてみるのですが、どうもそれ以上の反応がありません。俺に興味があるのかないのか、何をしたいのかよく分からず、変に場馴れした俺は「なんだよ、興味あるならチンポくらい見せろよ、じれったいなぁ」などと心の中で悪態をつきながら、その場を後にしました。

    今日はもう帰ろうと風呂を出て着替え、ジュースを1本飲んで「車どこに停めたっけな…」と駐車場をウロウロしていると、ふと前に立ちはだかる男性がいました。

    さっきのマッチョ青年でした。

    「あ…キミ。さっき露天にいたよね。なに、俺なんかに興味あんの?」

    「は、はい…」と言ったきりうつむくマッチョくん。

    (なんかめんどくせーなぁこいつ…まあいいや、こんな若いマッチョを食えるなんてなかなか機会ないからいただいとくか! でももう0時回ってるしなぁ、あんまりガッツリやる気分じゃねーな)

    そう心の中で軽く考え、彼に聞いてみました。

    「それならさ、どっか適当なところで軽く抜いて帰る? しゃぶってあげるよ」

    すると彼は少し驚いたような顔をして、またうつむいたまま振り絞るような小さい声で言いました。

    「そんな…軽く抜くとか、イヤです」

    「!!!」

    俺は衝撃を受けました。
    (もしかしてこいつ、俺と本当に友達にでもなりたいと思ってるのか…??)

    スーパー銭湯で好みの男の膝を触ってくるような男は、みんなエロいことしか考えていなくて、風呂をさっさと出てチンポしゃぶったりケツ掘ったりすることしか頭にないとばかり思っていました。彼は違ったのです。

    彼は、自分が勇気を出して言った言葉で、俺が怒ったんじゃないかと気にしているような様子でした。うつむいたまま、オドオドと立ち尽くしていました。俺は、この衝撃をすぐには整理しきれず、心無い言葉を彼に浴びせました。

    「え、じゃあ何がしたくて俺のこと触ってきたの? …帰るわ。じゃーね」

    立ち尽くす彼を置いて、俺はそそくさと車に乗り立ち去りました。

    家に着いてから、しばらく彼のことが頭を離れませんでした。さっきは衝撃を受け止めきれずひどいこと言ってしまった、きっとただ純情な青年だったんだろうな。ゲイだけど、俺みたいに男をとっかえひっかえ遊んでいるようなオヤジと違って、話ができるだけでもいいと思って勇気を振り絞って俺なんかにアプローチしてくれたんだろうか。悪いことしちゃったな。

    翌日、なんとなく変な予感がして、当時ゲイ向け総合ポータルサイトでは最有名どころのMen's Net JapanのWanted掲示板(連絡先が分からない人に呼びかける尋ね人掲示板)をのぞいてみました。

    なんと! 予感が当たっていて昨日のマッチョ青年らしき書き込みがあったのです。

    「昨日◯◯湯で会った方へ」、そんな感じの件名だったと思います。

    「昨日0時頃、◯◯湯の露天風呂で一緒になり、その後駐車場でお話した背の高い坊主頭の方。つい失礼なことを言ってしまってすみませんでした。できれば、もう一度お会いしたいです」

    俺は、自分が恥ずかしくなって画面を直視できませんでした。
    失礼なことって何だよ…。すみませんでしたって…。

    失礼なのも謝るのも俺の方だよ。

    俺なんかのどこが気に入ったのか知らないけど、俺に興味を持ってくれて、もしかしたら友達からでいいから真剣に関係を築きたいと思ってくれたのかな。まだ若くて純情で不器用だから、あんなアプローチしかできなかったけど、彼なりに精一杯だったんだろう。そして、俺の「軽く抜いて帰る?」なんていう下品な言葉にショックを受けて、勇気を出して拒否したけど、それで俺が気分を害したんじゃないかと気に病んで掲示板にまで書き込むなんて。
    どこまでいいヤツなんだよ。

    俺は彼に連絡を取る勇気はありませんでした。彼の純情さに応えるには、もう汚れすぎてしまっていたから。でも、「ごめんね」だけは言っておけばよかったと、今も後悔しています。















    スポンサーサイト
    [PR]

    [PR]

    2017/01/29

    息子もゲイ??

    息子に、「保育園で好きな女の子はだあれ?」と聞いてみると、


    「女の子は好きじゃない。男の子が好き!」


    との回答が! 「なぬ!?  まさかの遺伝性ゲイ??」と一瞬焦りました。

    しかし、「男の子らしさを考える」のエントリーでも書いたように、息子は俺の子供時代とは嗜好が全く異なっています。


    俺が息子の歳の頃、女の子とばかり遊んでいました。男の子の友達もいるにはいましたが、仲が良かったのは女の子ばかりです。一方息子は、保育園で女の子には目もくれず、いつも同じ男の子とばかり遊んでいます。きっと、男の子同士で遊ぶのが楽しくて、女子なんて興味なし!という今の息子の状態こそが、ノンケ男子として正常な発達過程なのでしよう。


    息子がゲイだったとしても俺は受け入れられる自信はあります(当たり前ですよね、自分がそうなんだから…)。でも、なぜだか「ひとまず安心」という気がしてしまうのは、やはりセクシャリティで余計な悩みを抱える人生を歩んで欲しくないという親心なのでしょうか。


    息子を、悩んだ時に自分で答えを見つけられる人間に育ててやることが、悩んだ末に道を踏み外してしまった父親としての最低限の役割かなと考えています。


    インターネットで情報が自由に手に入る現代を生きる息子は、きっと俺なんかよりずっと上手に人生を歩むだろうと思いますけどね!


    2017/01/28

    妻のこと

    気は進まないのですが、既婚ゲイとしてブログを書くなら、やはり妻とのことに触れないわけにはいきません。

    既婚ゲイの方のブログを拝見していると、多くの方が「妻とは良好な関係」「妻を愛している」「今でもセックスはしている」と書いていらっしゃいます。単純に尊敬します。ゲイを隠して結婚するなら、せめて奥さんへの愛情は一生持ち続け、肉体的な満足は与えてあげなければいけないと思うからです。

    俺は…できませんでした。
    このブログでは自分の気持ちを正直に言いたいので、隠さず書きます。妻への「愛情」という感情はもうなくなってしまいました。

    決して、冷え切った夫婦というわけではありません。会話もするし、一緒に外出もするし、協力して子育てをして平和に暮らしています。ただ、「愛情」はもうありません。子供が生まれてしばらくしてからセックスもなくなり、数年後に気まぐれで1、2回しましたが、その後は一切ありません。昔は、何でしてくれないんだと問い詰められたこともありましたが、「もうする気が起きない」と言い続けて向こうもあきらめました。

    ノンケだったら愛し続けられたのか、それは仮定の話なのでよく分かりません。ノンケの夫婦でも、当初の愛情は冷めてセックスレスなカップルはたくさんいます。それでも、子供の親として、家庭を守るパートナーとして、別の意味の愛情(絆)が生まれ、同志として一緒にいる、という仲の良いカップルだってたくさんいると思います。うちもそんな感じなのかな、と思っています。

    ただ、俺がゲイを隠していたために、妻に「女性として愛情を注ぐ」ということに早く疲れてしまったのは事実だと思います。ノンケを一生演じて女性を愛情の対象とすることを決めたのに、それができなかった俺は、やっぱり妻に申し訳ないことをしたと感じています。

    離婚も頭の中では何度も考えました。
    ただ、本当に口に出すところまでは踏み切れませんでした。本当ならば、妻は俺みたいな人間と離婚して新たな幸せを見つけることが一番でしょう。でも、まだやり直せたかもしれない30代の日々は、怒涛の子育てに忙殺され、何かを考える間もなく過ぎ去って行きました。気付けば40代。もう若くはありません。妻にとって、離婚が必ず幸せにつながるとは無邪気に言えない歳です。また、子供たちにとって、こんな両親でも揃っていることがきっと(少なくとも今は)大事なことだろうと考えています。

    今は、男女の愛情はなくとも、子育てという一大事業を共に成し遂げるパートナーとして、うまくやっていくしかないのかな、と思っています。

    じゃあ、将来子供が独立してしまったら、その時俺ら夫婦は一緒にいる意味があるのか…

    まだ、その答えは見つかりません。


    2017/01/22

    勃起体質

    そんなタイトルのビデオが昔ありましたがw ↓↓



    俺、いつでもどこでも勃起する体質でして。困るくらいに。

    中高生が授業中に股間にテント張ってるのはよくある話ですが、40を過ぎた今でも、時と場所をわきまえずどこでも勃起します。

    子供の授業参観で、担任がムチムチした体型だったもんで、つい妄想が過ぎてしまい…ということもありました。最低ですね。

    仕事帰りの電車でおいしそうなガチデブさんを見つけたりすると、瞬時にフル勃起です。冬場はコートで隠せますが、夏場だともうアウトです。幸か不幸か、デカマラじゃないのでなんとか荷物などでごまかします。

    そんな勃起状態が治まらない仕事帰りに、よく通っていたのがノンケ向けのビデボです。自宅に家族がいてオナニーもロクにできない既婚者のオアシスです(これは既婚ゲイに限りませんね)。

    ビデボで、デブ男優が出ているノンケAVを探し、男優で抜いていました。DVD物色中は、周りのリーマンもエロしか頭にないのでどうせ気にしないと思い、股間をパンパンに膨らませて、わざとDVDを物色しているリーマンの横に立ってみたり、股間をまさぐってみたりしていました。「このリーマン俺の勃起に気付いてるかな…」と思うと余計に興奮してきて、チンポが痛いほどガチガチに勃起し、そのまま個室に入ってサービス品のオナホで思いっきりしごき上げる…至福の瞬間です。

    こういうビデボはたいがいブースの外へ音が筒抜けなのをいいことに、清掃スタッフのお兄さんが通るたびにわざとオナホの「ジュッポジュッポジュッポ」という大きな音をたて、イク時には声を抑えず、思うがまま「あ、イクイク…あーーーーーっ」と声を出して、オナニー真っ最中アピールをして勝手に興奮していました。アホですね。これにハマって、仕事帰りにかなりの頻度でビデボに通っていた時期がありました。
    (関係ないけどTENGAなんか買わなくてもビデボのサービス品の、スポンジでできた安いオナホもすごく気持ちいいですよぉw)

    人前で勃起を見せつけたり、オナニーの音を聞かせて興奮するってことは、俺は見られたい、見せたい性癖があるんでしょうね。幸いまだ露出癖までには至っていません。お父さんが露出で捕まるのと、実はゲイなのと、家族にバレたらどっちがショックかな。ゲイの露出狂だと2倍のショックですね…。自制しなければ。

    以前より長時間電車に乗る機会が減ったので、車内勃起→ビデボという日課が最近なくなったのが残念です。久々にビデボ行ってみようかな…
















    2017/01/18

    禁欲中

    今週中なにかと忙しくて、珍しく禁オナ中です。


    というか、忙しくて絶対にやらなきゃいけないことがあっても、つい自然と手が股間に伸びてシコシコ始めてしまうのは受験生の頃から変わらない俺なのですが、ここ数日はさすがにシャレにならないので、嫁と子供が寝た後でも厳しく自らを律しています( ー`дー´)キリッ

    じゃあブログ書いてる場合じゃないんじゃねーのw と思われるかもしれませんが、いいんです。俺、エロ動画見ながらオナニー始めると2~3時間かけちゃうことがあるので、ブログなんてかわいいもんです。

    でもそろそろタンクが限界です。

    早く週末にならないかな~


    早くこんな風にぶっ放したい。